Webサイト制作(ホームページ制作)

ホームページ制作(Web制作)は予算とページ数から決めるものではありません。
まず最初に目的を決めます。多くの場合は自社の利益を増やす、売上を伸ばすことでしょう。
その上でWebサイトのゴール(KGI)を決めます。
例えばECサイト(ネット上で販売しているサイト)であれば購入数を増やす。
具体的にはECサイトで年間100万の売上や1000万の売上。
またはネット上で販売はしておらず販売促進のツールとしてWebサイトを活用している場合は「お問い合わせ」や「資料請求」がこの規準になります。
まずはこれらゴールを決めてからサイトを設計しています。
自社のサービス・プロダクトのウリ(USP)から競合他社との比較、そしてその商品が顧客であるユーザーの問題を解決するソリューションになりうるかどうか。
これらが決まったら設計に入っていきます。

ユーザーはどんなコンテンツが見たいが、どのページを見たらどのページを見るようにしてゴールまでユーザーを導いていくか。
他にもやらなければいけないことは多いですが、それらが決まった上でようやくページ数の話が出てき、その後デザインだの制作に入ります。
デザインにおいてもユーザーにとって見やすいか、クリックしやすいか、迷わないか、UI/UXの知識が必要になります。
コーディング(構築作業)においてもSEOを意識して読みやすいソースコードが要求されます。
そして公開したらアクセス解析をしながらPDCAサイクルをまわしサイトの改善を繰り返して運用していきます。
リスティング広告を出すのも有効な手段でしょう。

高いものには高いなりの理由があります。
サイトは決して安いものではありません。
探せば15万円や、場合によっては5万円、3万円のサイト制作業者もあります。
それには安いなりの理由があります。
テキストと写真・配色を入れ替えるだけのテンプレートの使い回しだったり、十分に設計されていなかったり、公開後のことは何も考えていません。
これらのサイトに投資したお金が戻ってくることはありません。

でしたら、最初にきちんと投資をして、売上・純利益として回収したほうがいいのではないでしょうか。
よほどの有名企業でない限り公開されただけのサイトは誰も見ません。
「24時間365日働く営業マン」と言われるWebサイトもこれでは売り込みをしない会社に在籍してるだけの営業マンです。
しっかり企画・制作・運営をしてはじめて営業マンとして活動してくれるのです。
もう無駄な投資はやめて、真剣にWebを活用した営業・販促・経営をともにやっていきませんか。

Webサイト制作に関するご質問・お問い合わせはこちらからWebサイト制作に関するご質問・お問い合わせはこちらから