サイトの効果を得たいなら依頼する前に見るべき図

投稿日:

あなたが今ホームページ制作を依頼しようと検討しているなら
もしくはすでに依頼してるなら、すでにホームページを所有しているなら
是非この図を見て頂きたい。

依頼チャート

Web業界の実態

建築業では禁止されている「丸投げ」というのが当たり前のように行われています。
それがまた元請けから始まり、孫請け、被孫請けと連鎖していきます。
最終的にはものすごい価格で個人の方が作るケースも多いです。
私はこれはお客様に対する裏切りだと思っています。
もちろん私のところでも一部外注に出す時があります。
イラストなどはプロのイラストレーターに外注に出すときもありますし
信頼できる方に一部を外注しディレクションを行います。
しかしここで問題になるのは「一括丸投げ」が度々行われているという実情です。

支払った対価は?

図を見ればお分かりになる通り、仲介した業者はマージンを得ます。
最終的な制作者に入るお金は少ないのです。
そして制作者は対価に見合ったものを作ります。
あなたが50万円を支払っても、右図のような流れで仕事が行われた場合、あなたのサイトの値段は20万円です。
だったら作ってくれる方に直接50万円を支払い50万円のサイトを作ってもらうか、もしくは20万円を支払い20万ンのサイトを作ってもらうほうがいいのではないでしょうか。
katharsisではイラスト・動画などを一部外部委託業務をのぞき、すべて内製しております。
いただいた対価に値する、もしくはそれ以上の価値あるホームページを提供させていただいております。

さらにホームページのクオリティは下がります

最終的な制作者が受け取る報酬がどんどん減っていくのだから、ホームページの品質ももちろん下がります。
しかし減るのは制作者の受け取る報酬だけではありません。
制作者に与えられる制作期間も減るのです。
元請けは納品日に納品する前にチェックをしなければなりません。
ですからマージンを搾取した上で、納期を短縮して下請けに出します。
それが連鎖していきます。
依頼した業者に3ヶ月と言われたとしても、その外注先には2ヶ月、さらにその外注先には1ヶ月と、制作に費やせる時間が短くなるのです。
こんな状態で制作されるホームページのクオリティが下がってしまうのは仕方ありません。

あなたは迷惑な電話営業をする人の人件費を払っている

自社では制作せずに丸投げが多い会社によく見られるのが営業です。
こういう会社はとにかく案件をとってくるのが仕事です。
ひらすら営業電話をしたりDMを送ったりしてきます。
このようなところはその営業の方々の人件費などの諸経費やマージンを差し引いた上で、下請けに外注するのです。
このような業者に依頼した場合、あなたは丸投げ営業マンの給与を支払っていることになります。

直取引の重要性

あなたが頼んだ人が拾はあなたの知らない別の誰かに仕事を回していたらどんな気持ちになるでしょう?
きっといい気持ちはしないと思います。
裏切られたと感じるかもしれません。
しかし、そんなことよりも重要なのはあなたの企業の情報やホームページでどんなことを行いたいか、細かい要望やニュアンスが、右図では伝言ゲームになってしまうのです。
つまり小さな誤差が下請けに出すたびに生じてきます。
こんな状況で期待するホームページができるとお考えになりますでしょうか。

まとめ

この記事で知っていただきたかったことは「katharsisに依頼してください」ということではありません。
現在、Web業界は上図のような状況が実在しており、あなたは支払った価値に見合うホームページを受け取れていないということです。


mautic is open source marketing automation