なぜホームページ制作料は高いと感じるのか

投稿日:

9eb1b0a15bd0e7cf054a58cce141f889_m

ホームページの価値とは

残念ながら「ホームページで自社のサービスや商品を紹介してユーザーに伝える」と考えてるうちはホームページの活用は出来ません。
それは紙媒体でも可能ですし、そもそもホームページは設計と運用が重要であり、制作はほんの一部分に過ぎません。
単なる「作って公開するだけ」の業者も多いかと思います。
そういうところに依頼された方も多いのではないでしょうか。
効果ありましたか?
ないですよね。当たり前です。
これは企業でいえば人を雇ったけれども、働かせてない状態です。
設計と運用に価値があると考えてください。

なぜ価値を感じないのか

それは効果が出てないからです。
もし100万円でホームページを作り、1000万、2000万と利益が出るのが当たり前という感覚をお持ちであるならばホームページを作ることでしょう。
多くの制作業者が「効果が出る」「集客につながる」などと銘打ってます。
しかし実際はどうでしょう。
どれだけ利益が出ているのでしょうか。
実際、サイトの効果がどれだけ出ているかというのはWebアナリティクス(解析)だけじゃなくビジネスアナリティクスという考え方で効果検証するのが重要です。
またROIやROASを用いて、数値化して効果がわかるようにするといいでしょう。
「ホームページは利益につながらない」という意識がある限り、ホームページは高いと感じ続けるでしょう。

なぜ利益につながらないと思うのか

答えは簡単です。
多くの会社が利益につながらないホームページを量産してるからです。
利益が出ないホームページを作るわりに料金は高いのです。
これでは、依頼者としては「どうせ効果が出ないなら安いところに依頼しよう」と思うのも当然です。
Web業界の責任でもあります。

価格で判断するべからず!成果で判断せよ!

安いのが悪いというわけではありませんが、katharsisの金額は法人制作会社並の値段です。
それはこまでのような「打ち合わせ」→「制作」→「公開」というやり方ではなく、「ヒアリング」→「調査」→「企画」→「設計」→「制作」→「公開」→「運営」とやっています。
とくに設計というのは5段階のフェーズがあり、ここがしっかりしてないと、自己満足的なホームページになってしまいます。
つまり、この段階で依頼者側がユーザーに伝えたいことと、ユーザーが知りたいということをいかにマッチングさせるか、またユーザーにサイトを通じてどのような体験を提供するかが重要になってきます。

例えばコンテンツマーケティング

Webマーケティングといえば、すぐにコンテンツマーケティングを思い浮かべる制作者も多いかと思います。
こうなると毎日サイトを更新してページ数を増やしてサイトの情報量を増やさなければならないというプレッシャーが生じたりします。
ですが、ユーザーが不要と思うような無駄な記事を1000記事書くよりも、ユーザーにとって有意義な記事を10記事書いたほうが断然効果があります。
「毎日ブログを更新してください」とか「週に1回ブログを更新してください」というような制作業者よりかは、キーワード調査等を実施した上で「このキーワードでこういうテーマで◯◯字ぐらいの原稿を書いてください。それをこちらで校正します」という業者のほうが信頼できます。
例えばコンテンツマーケティングについて知ってる人ならば800文字ぐらいは欲しいということを知ってますが、コンテンツマーケティングを知らない人ならば何文字必要なのかもわからないのです。

色々と聞いてみよう

NDA(秘密保持契約)があるため、本来であればこれまでの制作実績やクライアント名などは依頼者に公開できない場合があります。
曖昧な感じで業種などを伝えることは出来ますが、成果となれば話は別です。
いくらの予算でどのような施策を行って最終的にいくら純利益が出たかはクライアントの名前や作ったサイトを見せなくても伝えることができるのです。

成果を生み出さないホームページに価値はない

働かない社員を雇っても経費の無駄になるだけで役に立たないように、事業に貢献できないホームページは意味がありません。
そのホームページを作ることによりいかに事業に貢献できるかが見えないうちはホームページはいつまでも高いと感じるでしょう。
0円の利益、いや制作料の分だけ浪費するようであれば、ただの無駄です。
ただ30万とか50万、100万円が、数千万という利益を生み出すのであれば、ホームページが高いとは思わないのではないでしょうか。


mautic is open source marketing automation