katharsisについて

2020年11月17日

katharsisの特徴

katharsisは単なるホームページ制作業者ではありません。お洒落で綺麗なだけのデザインのホームページではなく、より多く集客し、よりたくさんの認知度を獲得し、より多く収益をあげられる、そんなホームページの企画・設計・制作を行っています。

非常に残念なことに、今はまだホームページのデザインにばかりこだわる制作業者やお客様が多いのも事実です。そして、ホームページを公開したっきり、活用しきれていないという相談をよく受けます。こういう状態に陥っているのは、お客様自信がお洒落なホームページを求めており、制作業者もそれに応えようとしているからです。

しかし、ホームページは非常に強力なツールです。上手に活用することで、電子版の看板ではなく、利益に直結するものになります。これまで手がけてきた仕事の中でも、今ではホームページなしでは事業が成り立たなくなったという例を多くみてきました。

ホームページの見た目だけにこだわるのは非常にもったいないです。制作前にしっかりとしたリサーチ・企画・設計をしなければ、利益に直結するデザインはできません。その上で公開後は、アクセス解析を行い、CVRをあげていく施策を行わなければなりません。コンテンツはもちろんSEOも同様、また事業によってはリスティング広告の運用など、コストを考えながら運用する必要があります。

ホームページを単なるデジタルの看板で終わらせたくない、ホームページを活用して、設定した目標を達成したい、そんな思いを持つお客様のために、katharsisはWeb事業を行っております。

katharsis代表プロフィール

私は新潟県長岡市で生まれ育ちました。学生の頃にフリーランスのコーダー(今でいうマークアップ・エンジニア、フロント・エンド・エンジニア)からスタートしました。大学進学で東京に行き、その後、Webコンサルティング会社に就職し、クリエイティブ・ディレクターとして仕事をし、その後ホームページ制作会社にてディレクターとして勤務し、電通や博報堂などの大手広告代理店のナショナルクライアントの案件にも多く携わりました。また、仕事以外で、学生ベンチャーの起業支援やコンサルティングを行い、2014年に長岡に戻ってきました。

高校生の時以来に見る長岡のWeb産業に驚きました。それは、昔と何も変わっていなかったことです。

ホームページは単なるお飾りという状況でした。しかし、技術力や知識の多い事業者が増えてきたことも事実です。新潟県は、世間がインターネット・ホームページという言葉に騒ぎ始めた1998年頃、非常に高額な料金で、何の成果も出ないホームページを作ってしまった方がたくさんいました。その時の、Webやデジタルに対する不信感もあるのでしょう。

katharsisでは、お客様がご理解・ご納得いただけるまで、どんな些細なことでもしっかり説明致します。新潟の皆さまにも、利益につながる、本来のツールとしてのホームページを活用して頂きたいと思っています。

Posted by marujun