ARアプリ開発(スマホアプリ)

2020年11月5日

最近はVRが話題ですが、ARもまだまだ様々なところで活用されています。

VRは全部が仮想空間の仮想現実です。
ARは現実空間にデジタルの仮想を足した現実拡張です。

今回は、住宅街にドラゴンを出してみました。

その他にもキャラクターや風景、造形物なども出してみました。

私のスマホはiPhoneではなくandroidなので、アプリはandroidでの開発です。

これを実務で使うとなると、例えば
・家具屋さんが部屋に家具(商品)を置いてみたところを撮影する
・遊具などを設置してみた状態を撮影する
といった感じで、実際に商品を購入したらどんな感じになるか、というのが想像できるようになります。