検索順位とNM評価とLPの関係性

投稿日:

Googleの検索アルゴリズムは驚異的な正確性がある。
少しSEOを勉強した方ならペンギンアップデートやパンダアップデートといった大規模アルゴリズム変更をご存知だと思う。
しかしアルゴリズムの変更はほぼ毎日行われている。
年間数百回と行われているのだ。
サイトを評価するのにあたり使われているポイントをシグナルと呼ぶ。
その中にページ品質(PQ)というものがあるのは多くの方に知られている。

ここではNM評価について考えていきたい。
(この記事には著者の憶測が含まれます)

NMとは

NMとはGoogleの提唱するNeeds Metの略だ。
ユーザーが必要としているもの・需要があるものに対して十分な満足のいく情報を提供できていることを指す。
それを評価するのがNM評価である。

コンテンツマーケティングとの違いは?

コンテンツマーケティングにおいてもユーザーが読みたいであろうコンテンツを公開することでユーザーの需要を満たしている。
ただこれはマーケティング施策であり、SEO施策ではない。
より多くのPVを集めるための施策である。
もちろんこれによって副次的な結果としてのSEOの効果はついてくるのではあるが根本はマーケティング施策である。

一方、NMを高めNM評価を上げることはSEO施策である。
サーチエンジンに対し、ページのNM度をアピールすることになる。
Googleは単にキーワードだけではなく前後の文脈からもキーワードの妥当性を見ている。
不用意にキーワードを入れるのは不自然だと判断される。

LPの扱いはどうなるか

注意していただきたいが、ここからは仮説であり、また私自身疑問に感じているところである。

GoogleはNMをどのような形で評価しているのだろうか。
すぐに思い浮かぶのは直帰率やページ離脱である。
ユーザーがサイトに訪れた。しかしすぐにページを戻ってしまった。
ここに2つのさらなる仮説が立つ。

1つはそのページでユーザーのニーズが満たされたためページを離脱したという考え。
もう1つはそのページがユーザーのニーズと一致していなかったため離脱したという考え。

これを計測するにはスクロール深度や滞在時間が評価の基準として考えられる。
最後までスクロールしてない場合や滞在時間がページのボリュームに対し著しく短い場合は後者のニーズに一致していなかったという考えをとるのが妥当だろう。

しかしながら前者を評価する基準は非常に難しい。
ファーストビューですべて表示されてしまえばスクロール深度は100%になる。
こんな曖昧な評価をGoogleがするとは考えられない。

そこで問題となるのはLP(ランディングページ)だ。
LPは非常に離脱率が高く縦に長い特徴を持つ。
NM評価から考えれば、LPはSEOにおいてマイナスに働くのではないだろうか。

サイトの評価は基本的に単一サイト内(単一ドメイン内)で行われる。
このことを考えるとサイト本体と同じドメイン内にLPを設置することは、NM評価の悪いページが存在することになり、サイト自体のSEOにネガティブな効果を与えてしまう危険性があるかもしれない。
もちろんこれは私の憶測の域でしかない。

対応は?

もしこれに対応策を講じるとするならば別ドメインでのLPが有効だろう。
(上記の仮説が正しいとするならばである)
避けていただきたいのはnoindex指定だ。
noindexはそれ自体でSEOにおいてネガティブな評価になる。
Googleは基本的にはすべてのページにおいてindexすることを推奨している。

まとめ

もともとLPはSEOに使うものではなく、リスティング広告などと並行して使うものである。
もしくはキャンペーンの時のみの一時的なものであり、継続してサイトを構成する要素となるものではない。
従ってLPのNM評価によるSEOの影響についてはさほど考える必要性がないとも言える。
ただGoogleがNM評価を行っているということは、どこか頭の片隅に入れておいて欲しい。