サービス

お問い合わせはこちら

講師依頼はこちら

新潟県長岡市の起業・創業支援

長岡の産業を憂う

普段長岡にいれば誰もがわかることですが活気がありません。
そして長岡は多くの問題を抱えています。人口流出・少子化・企業の弱体化・消極的消費活動。
とりわけ産業は地域の血液のようなものです。
お金が流通していくことが非常に重要です。
単純に売上・利益の増加を数値目標にしても根拠のない数字になってしまうことも珍しくありません。
そのような目標をたててもさほど効果がなく現状が維持されるだけの結果が待ってます。
現状を維持しようと考えれば売上・利益は下がります。
長岡の産業が活性化すれば、会社の利益は増え、社員の所得は増加し、子供をつくる余裕も生まれ、消費活動も活発になると考えています。
起業・創業を考えている方には是非チャレンジしていただきたいと考えていますが、長岡という地盤はもちろん都市部に比べ、それほど強力な支援体制が整っているわけではありません。
ですが、あなたの一歩が長岡を変えます。
数ある都道府県の中でも新潟県はアベノミクスの恩恵を受けていると言われています。
自治体や金融機関・シンクタンクが出しているレポートを見ても「横ばい」もしくは「緩やかな回復」を企業は成し遂げています。
ですが長岡に住んでいてそれを実感することはあまりありません。
katharsisは長岡の産業活性化に貢献したいと考えています。

起業・創業をお考えの方へ

素晴らしい考えだと思います。是非実行すべきです。
すでに同じ事業を営んでいるところがあるならば、どこかで差別化を考えなければなりません。
そしてお客様が他ではなく、あなたを選んでくれる根拠を見つける必要があります。
徹底的に確立したUSPを作り出すのです。
一方、革命的なアイデアをお持ちでそれを世に出したいという方の場合、ニッチ市場でシェアを得ることになります。
ニッチャーは独創的でなければなりません。
しかしながら資本力のある企業は簡単に事業内容を模倣しフォロワーとして追随してきます。
事業の確立とともに参入障壁を作ることが必須条件になります。
助成金や補助金をうまく活用しながらともに事業を成功させましょう。
Webはあなたの事業にとって強力なツールになります。

中小企業経営者・個人事業主の方へ

すでに地盤を持っている皆さんは非常に強いです。
ただ予算・資金繰りの関係もあって思い切った行動に出れないということもあるでしょう。
代表が何か変えようとしても取締役などに制止されることもあるでしょう。
しかしながら、どうにかしなければならないという思いは当然お持ちのことと思います。
売上をあと1000万伸ばしたい、いや、もっと伸ばしたい、それは可能なのです。
実際に私はそれを行ってきました。
問題は様々です。バリューチェーンがそもそも時代に即してないケースも稀ですがあります。
販促や営業活動がうまくいってないケースもあるでしょう。
営業先をセグメント化できずにやみくもに営業をかけている非効率的なことをしている企業も多いものです。
Webはあなたの事業にとって強力なツールになります。

これまでの経営・起業支援概略

プロフィールには「ベンチャー支援活動」と少しだけしか書かせて頂いてませんが私が最初に入社した会社はITコンサルティング企業でした。
ITコンサルティングというと業務の円滑化や労力軽減のためにシステムを導入したりというイメージがあるかもしれませんが、実際は経営コンサルティングに近いものでした。
その中で商品やサービスの販売促進といった分野においてWebを活用していくものです。
ですがそれらは既存の企業に対して行うものでした。
元ライブドアの堀江貴文氏が一躍有名になり学生の間で起業ブームが起きました。
多くの学生がIT事業でベンチャー企業を起こしたいと私のところに相談にきました。
私の起業支援はそこからスタートします。
多くの方の相談にのりました。中にはこれでは厳しいだろうと思われる事業計画も多数ありました。
でも素晴らしいアイデアを持ってる方も中にはおりました。
一例を取り上げます。
このグループは東大・早稲田・慶応の学生で組織された3人のグループでした。
アイデアの内容は著作権において難しい部分があるものの、なかなか興味深いものでした。
プログラミングも全くしたことがないという彼らに事業計画やITのことなどを詳しくコーチングしました。
時には私のほうから彼らのほうに出向いて作業しているところにアドバイスしたものです。
アイデア段階から法人になるまで付き添いました。
彼らは起業に関する様々なコンテストに出場し優勝していきました。
賞金も起業するにあたり十分な資本となりうる額までたまりました。
そして無事法人化に至ったわけです。
今現在3人はそれぞれ自分の会社を経営しています。
その中でも1人は飛び抜けた経営能力を発揮し、VCからの資金調達にも成功し、今では大手企業や海外企業と業務提携を行っています。
これからどうなるかは分かりませんが私は彼ならマザーズ上場も可能だと考えています。

彼らの成功に私がどれほど貢献できたかは分かりません。
しかし今でも慕ってくれるところを見ると、何かしら役に立つことができたのだと実感できます。
これまで多くの経営に関する書籍を読み、実務として行ってきました。
知識だけでも、実務だけでも、支援はできなかったと思います。
SWOT分析や3C分析がどれほど正確にできても、それを活かす術を知らなければ意味がないのです。
両方があってようやく成り立つものだと思います。

私が現在このような事業をするにあたり、経営に関する本を世に送り出してくれた多くの著者・出版社の方々、コンサルティングについて教えてくださったInternational Association of Business Communicatorsの方、経営や課題解決について教えてくださった元マッキンゼー・アンド・カンパニーで現在大学院MBA課程で教授を勤めラらっしゃる先生には感謝の思いでいっぱいです。
本当にありがとうございました。ここに感謝申し上げます。

起業・創業支援に関するご質問・お問い合わせはこちらから起業・創業支援に関するご質問・お問い合わせはこちらから